UGA-UGA creation club Vol.3「ピカピカの蟲」

craft factory SHOVEL HEADの造形教室。 2017年のテーマは「ピカピカな蟲」
こちらは素体を使わずに、1から作品を制作するコースで、5回の教室でのアドバイスとレクチャーをもとに、各自宿題をこなしながら、全6週間で作品を仕上げるコースです。
今回はピカピカに仕上げたり、ライトを点灯させたりといった技術的な課題も設けられました。
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

  

2017年開催のUGA-UGA creation club Vol.3「ピカピカの蟲」で行われた実施レポートです。
全部で5回の教室で、完全オリジナルの昆虫制作に挑みました。


教室の中で出た質問をみなさんと共有するコーナー
開催会期(日曜日開催): ①3月12日/②3月26日/③4月2日/④4月9日/⑤4月16日

 

5回にわたって行われる教室にクラブ長UGAさんからのコメント
2017年開催のUGA-UGA creation club Vol.3「ピカピカの蟲」より、クラブ長UGAさんの進行状況をチェックできるコーナー『クラブ長は今』です。
生徒のみなさんの作業の参考になるように、少し先行するような感じでアップしていきます。

 

Aコース『スカラベワークショップ』


1日単位で体験可能な入門コースです。スカラベ(甲虫)のレジン複製した”素体”を使用して、素体の加工から足の制作、色塗り、デコレーションまでを1日(4時間)で体験します。

Bコース『ピカピカな蟲』

表面をピカピカに仕上げる技法、どこかをピカピカと光らせるアイデアなど、レクチャーを交えながらみんなで作品作りに挑みます。
紙粘土を用いたベースそのものの作成から幼虫(Grubworm)、もしくはバッタの素体を利用して制作することもできます。

過去に制作された作品たち
→ 第1期生 活動報告(テーマ:鳥)
→ 第2期生 活動報告(テーマ:カエル)

「UGA-UGA creation club」に参加ご希望、ご興味のある方は、こちらのフォームよりご連絡ください。
開催が決まりましたら、ご連絡をさせていただきます。

2017-03-18 | Posted in UGA-UGA creation club Vol.3「ピカピカの蟲」Comments Closed 

関連記事