2013年7月24日に誕生した谷中のお店『HOW HOUSE』 クリエイターの作品を扱うショップ、個展を開催するギャラリー、シルクスクリーンやアクセサリー作りなどのワークショップを行なう工房と、クリエイターが入居し作品を制作する2階のアトリエスペースからなる、モノづくりの楽しさを学べるお店です。 アイデアから作り方、イベントでの販売まで、モノづくりを総合的にプロデュースしています。

2013年7月24日に誕生した谷中のお店『HOW HOUSE』 クリエイターの作品を扱うショップ、個展を開催するギャラリー、シルクスクリーンやアクセサリー作りなどのワークショップを行なう工房と、クリエイターが入居し作品を制作する2階のアトリエスペースからなる、モノづくりの楽しさを学べるお店です。 アイデアから作り方、イベントでの販売まで、モノづくりを総合的にプロデュースしています。

[第1夜]スケッチ確認・レジンキャストの複製 ー造形クラブ第1期生:活動報告ー

造形クラブ第1期生の活動報告。テーマは「鳥人」。全5回の講義と各々宿題を経て完成までをご紹介します!

[第1夜]スケッチ確認・レジンキャストの複製 / [第2夜]下地処理・塗装  / [第3夜]パーツ制作・ディテールアップ  /[第4夜]土台制作・ディティールアップ[第5夜]仕上げ・完成! / [補習]補習・撮影会

 

第1夜:スケッチ確認・レジンキャスト複製

 

01_01
スケッチと、生態設定からくる造形の説明。01_02
クラブ長のイメージスケッチ。

01_03
イメージするのは自由!ものづくりの始まり。いちばん楽しい時間。

01_04
イメージするのは自由!ものづくりの始まり。いちばん楽しい時間。

01_05
イメージするのは自由!ものづくりの始まり。いちばん楽しい時間。

01_06
イメージするのは自由!ものづくりの始まり。いちばん楽しい時間。

01_07
選んだボディを眺めながら加工の仕方を考える。

01_08
レジンの本体を大胆にカット。水曜造形クラブにルールはありません。

01_09
レジンに紙粘土を盛る。レジンと紙粘土の接点には瞬間接着剤を数滴垂らして馴染ませます。

01_10
紙粘土を使ったパーツ制作。全体に穴をあけて内側からの乾燥を促進します。

01_11
クラブ長の作品を観察して部品の使い方をチェック。

01_12
紙粘土、紙、金属、樹脂・・・様々な素材が組合わさっています。

01_13
一歩進んだハンダ付けのやりかた。接合部に浅い穴をあけます。

01_14
穴にあてがってハンダで固定すると点での接合でも強度が増します。

01_15
さらに強度が欲しい時は・・・バーナーを使って銀ロウ付けのレクチャー。

01_16
点の接合でもしっかり固定できました。

01_17
みんなのイメージスケッチ。第5夜までにこれがどうなって行くのかが楽しみです。