NEWS, UGA-UGA creation club

UGA式 造形クラブ2017『蟲』講習内容・お申し込みはこちら

毎回ご好評をいただいております、SHOVEL HEAD こと宇田川クラブ長による造形 クラブ、2017 年も開催致します。

2011 年『鳥』、2014 年『カエル』に続き、3回目のテーマは『蟲』。

株式会社ホビージャパン刊「機械昆蟲制作技法書」をバイブルに、甲虫の素体か ら一日で仕上げる初級の A コースと、全部で5回の教室で、より自由な昆虫制作 に挑む B コースを選択できます。

さらに今回は、教室終了後に HOW HOUSE のギャラリーにて、UGA さんの作品と 一緒に、みなさんの完成作品を展示する予定です。

※技法書の発売延期に伴い、2016年の秋に開催を予定していた当教室の会期も延期となりました。 上記日曜日のクラスがすぐに満席となってしまった場合に限り、月曜日コース(3月13日、3月27日、4月3日、4月10日、4月17日を予定)が開催される可能性があります。

 

 

開催会期(日曜日開催): ①3月12日/②3月26日/③4月2日/④4月9日/⑤4月16日

Aコース『スカラベワークショップ』・(1日単位で体験可能な入門コース)

scarabeスカラベ(甲虫)のレジン複製した”素体”を使用して、素体の加工から足の制作、色塗り、デコレーションまでを1日(4時間)で体験します。

 

 

Bコース『ピカピカな蟲』

完成見本

完成イメージ

表面をピカピカに仕上げる技法、どこかをピカピカと光らせるアイデアなど、レクチャーを交えながらみんなで作品作りに挑みます。
紙粘土を用いたベースそのものの作成から幼虫(Grubworm)、もしくはバッタの素体を利用して制作することもできます。

  • 【参加費】40,000円(税込)5日分
    素体を使用する場合:幼虫(Grubworm)/バッタの素体 各3,000円(税込)
  • 【開催時間】17:00~21:00(4時間)
  • 【タイムスケジュール】17:00-19:00  各自制作時間、19:00-21:00 宇田川レクチャータイム
  • 【定員】7名
  • ※写真は完成イメージです。期間中に同程度の作品ができるかどうかは、その人の技量次第なので、[3~4時間 x 5回 + 自宅制作]でできる範囲の作品になりますことを、あらかじめご了承ください。
  • 道具:無料貸し出しも致しますが、カッター、筆、ピンセットなど、慣れたものがあればお持ちください。

過去に制作された作品たち
→ 第1期生 活動報告(テーマ:鳥)
→ 第2期生 活動報告(テーマ:カエル)

注意事項
※受講料のお支払い順に予約完了とし、定員に達した時点で受付終了とさせていただきます。
※お客様の都合によるご欠席の場合も、受講料はご返金出来ませんのでご了承ください。 お申込み後の手順 エントリーフォームの送信後、ハウハウスの担当者より2日〜3日以内にメール致します。 お申し込みが確定した場合は、ご指定の口座まで参加費の合計金額をお振込みください。入金が確認できましたら参加確定となります。

参考作品


B06 B05 B04 B03 B02

 

UGA UGA creation club
UGA式 造形クラブとは?

2016-12-01 | Posted in NEWS, UGA-UGA creation clubComments Closed 

関連記事